家庭用光エステ脱毛器の比較|彼女が脱毛したいと言うので調べた!

家庭用光エステ脱毛器の比較|彼女が脱毛したいと言うので調べてみた!

家庭用光エステ脱毛器の比較|彼女が脱毛したいと言うので

僕の彼女がですね、

 

毛を抜きたい(脱毛したい)!って言ってきて、

 

僕に相談かよって思ったんだけど、

 

そんなことまで相談してくれるのか〜…

 

なんてめっちゃうれしくなって、

 

彼女の中で僕の点数がアップするように

 

彼女に合う脱毛方法を必死に探してみたんです。

 

ですが、今は新型コロナウイルスの影響で、

 

脱毛サロンを紹介するには危険すぎます。

 

なので、こんなご時世だから売れている、

 

家庭用光エステ脱毛器や除毛クリームについて、

 

その外の脱毛の利点や欠点など調べました。

 

除毛クリーム等についてはまた別のページで説明するとして、

 

今回は、家庭用光エステ脱毛器や

 

レーザー脱毛器の種類や価格、

 

使った感想など徹底比較してみました。

 

家庭用脱毛器の種類別の比較

家庭用脱毛器の種類別の比較

家庭用脱毛器の種類別の比較

多くの脱毛サロンが休業や、

 

時間短縮営業に追い込まれています。

 

そんな中、人気なのが家庭用脱毛器なんです。

 

有名メーカーもこの分野で新製品開発にしのぎを削っています。

 

今回はそんな人気の光エステ脱毛器や、

 

レーザー脱毛器をピックアップしてみました。

 

家庭用脱毛器には大きく分けて2種類の方式があります。

 

まずはそれぞれの脱毛方式から比較してみましょう。

 

家庭用脱毛器を製品別に比較|光エステ脱毛器

家庭用脱毛器を製品別に比較|光エステ脱毛器

光エステ脱毛器HPL(ホーム・パルス・ライト)方式

光エステ脱毛器は正式には、

 

HPL(ホーム・パルス・ライト)方式と呼ばれるもので、

 

美容大国イスラエルで開発された方式です。

 

光と超音波を組み合わせる方法で、

 

ムダ毛を振動させることでさらに効果を促進してくれます。

 

レーザー方式と比較すると広範囲に照射出来ますので、

 

少ない回数で処理することができ、その分時短にもなります。

 

痛みは感じにくいのですが、

 

産毛などの薄毛に対しての脱毛効果が比較的低いといわれます。

 

家庭用脱毛器を製品別に比較|レーザー脱毛器

家庭用脱毛器を製品別に比較|レーザー脱毛器

家庭用脱毛器を製品別に比較|レーザー脱毛器

レーザー脱毛は、高温のレーザー光で毛根に刺激を与えて、

 

レーザー光が毛根のメラニン色素に反応し、

 

毛母細胞にダメージを与えて、

 

毛の再生を抑制する方法です。

 

レーザー脱毛は、毛根部分を高熱で焼いているようなもので、

 

照射時にゴムではじいたような痛みを伴いますが、

 

毛が少なくなると痛みは和らぎます。

 

HPL方式と比較して照射範囲が狭く、

 

処理に時間がかかるのが難点ですが、

 

ピンポイントで高い効果を得られるのが特徴です。

 

家庭用脱毛器を製品別に比較|光エステ脱毛器

家庭用脱毛器を製品別に比較|光エステ脱毛器

家庭用脱毛器を製品別に比較|光エステ脱毛器

有名メーカーもしのぎを削っている光エステ脱毛器、

 

その種類も性能も価格も比較に困るほどピンからキリまであります。

 

ですが、安物買いの銭失いというように、

 

安いものはそれなりの性能しかありません。

 

ここでは、人気の家庭用光エステ脱毛器を数種類紹介して、

 

安いものとどこが違うのかを比較したいと思います。

 

なお、レーザー脱毛器の製造は、

 

今のところ1社しかありませんので、

 

のちほど案内したいと思います。

 

有名メーカーより発売されている光エステ脱毛器の比較

有名メーカーより発売されている光エステ脱毛器の比較

パナソニック ES-WP82-S シルバー 光エステ脱毛器 光エステ ボディ&フェイス用

 

Wランプの連続発光でハイパワーで、

 

ムダ毛の目立ちにくいスベスベの肌にしてくれる。

 

(出力レベル5で使用2週間後)

 

ハイパワーなのに肌にやさしく、美しい肌にしていく光ケアがさらに進化している。

 

スピード照射モード(出力レベル5)を搭載しているので、

 

忙しい私にボディーケアの(*時間短縮)をしてくれるのは嬉しい。

 

(*ボディ用アタッチメント取付時に選択できます。)

 

注:(panasonic調べ)ES-WP81との比較 

 

本商品は医療機器ではありません。

 

また永久脱毛ではありません。。

 

ブラウン 光エステ脱毛器 シルクエキスパート Pro5

ブラウン 光エステ脱毛器 シルクエキスパート PL-5117

シルクエキスパート Pro5シリーズには、

 

PL-5137(楽天市場専用モデル)

 

PL-5124(ポーチや剃刀が見た目高級そう)

 

PL-5117(上記と中身は同じで価格が安い)

 

PL-5014(市販していない、社内や得意先向け?)があります。

 

本体の性能には全く差がありません。

 

比較すると販売店や付属品で住み分けをしているようです。

 

価格差の割には違いはポーチのデザインとかでして、

 

私たち機能重視のユーザーには関係ないのかなと思います。

 

ポーチの高級感や楽天限定にに惹かれる方は高級モデルをお選びください。

 

量販店の家電製品の型式と、

 

一般販売店の型式が微妙に違うのと同じことです。

 

なお、ブラウンには低価格帯モデルのシルクエキスパートPro3があります。

 

シルクエキスパート Pro5とPro3の違いは?

おおよその効果が感じられるまでの期間が3倍違う。

 

シルクエキスパートPro3は12週間かかるのに対して、

 

シルクエキスパートPro5は4週間です。

 

標準的なケアにかかる時間がおよそ倍違う。

 

両足をケアした場合にかかる時間は、

 

シルクエキスパートPro3は約9分掛かりますが、

 

シルクエキスパートPro5は約5分ですみます。

 

フラッシュの回数が違う。

 

シルクエキスパートPro3は30万回に対して

 

シルクエキスパートPro5の40万回です。

 

40万回は全身のお手入れの場合約24年分です。

 

肌色センサー(自動調節)の違いがある。

 

シルクエキスパートPro3は、照射レベルは3段階ですが、

 

シルクエキスパートPro5は、10段階です。

 

やさしさモードの違い。

 

シルクエキスパートPro5は、通常(10段階)、

 

やわらか(10段階:通常よりパワーの出力を下げた状態)、超やわらかの3種類ですが、

 

シルクエキスパートPro3は、通常(3段階)と超やわらかの2種類だけですので、

 

肌質や好みに合ったパワーの選択肢が少ないのが難点です。

 

わかりやすく言うと、シルクエキスパートPro3は、

 

3段階の一番上が合わなかったとしても、

 

自分に合ったパワーを徐々に探すことが出来ないんです。

 

という事で、今回は私たちの懐事情に合う!

 

なおかつ一番高い機種と同じ性能のBD-5117を押して紹介します。

ブラウン 光エステ脱毛器 シルクエキスパート PL-5117

フィリップス 光エステ脱毛器 ルメア シリーズ

フィリップス 光美容器 ルメア プレステージ パールホワイト SC2009/70

こちらも世界のフィリップスが製品化している光エステ脱毛器です。

 

ルメアシリーズは世界全体での販売台数が130万台を突破しています。

 

ルメアシリーズには大まかに分けて3種類があります。

 

最高級のタイプはプレステージ、

 

こちらはコードレスタイプになっています。

 

従来機(SC2008/72)の照射回数が14万回だったのに対して、

 

最新機種の(SC2009/70)は約25万回(全身ケア500回分)と、

 

大幅にアップして長く使えるようになっています。

 

出力レベルは5段階で、

 

ボタンを押したまま連続照射できる連続フラッシュ機能がついているので、

 

場所をずらして一回ずつボタンを押す必要がありません。

 

アタッチメントは、からだ・顔・ビキニエリア用の3種類で、

 

デリケートな顔肌から剛毛のビキニエリアまで対応します。

 

コード式ルメア アドバンス、

フィリップス 光エステ脱毛器 ルメア アドバンス シャンパンゴールド SC1999/70

ルメア アドバンス (SC1999/70)はコード式という以外は

 

プレステージと変わりはないようです。

フィリップス 光エステ脱毛器 ルメア アドバンス ピーチパール SC1993/70

ルメア アドバンスには(SC1993/70)という機種もありますが、

 

これは顔・ビキニエリア用のアタッチメントが付属しておらず、

 

最初からルメア アドバンス (SC1999/70)を

 

購入したほうが後々使い勝手で良いと思います。

フィリップス 光エステ脱毛器 ルメア アドバンス ピーチパール SC1993/70

Amazonでは(SC1999/70)と(SC1993/70)の間に

 

(SC1997/70)というAmazon専用機種を販売しています。

 

(SC1999/70)と比べるとビキニエリア用アタッチメントがありません。

 

価格はだいたい中間程度です。

【Amazon.co.jp限定】フィリップス 光エステ脱毛器 ルメア アドバンス アタッチメント2個付(顔用・からだ用)ポーチ付 交流式 シャンパンゴールド/ホワイト SC1997/70

フィリップスにはさらにルメア エッセンシャル( SC1984/70)

 

という低価格帯の機種が発売されています。

 

体用、コード式で、照射回数は約20万回、

 

連続フラッシュ機能を搭載しているとのことです。

フィリップス 光エステ脱毛器 ルメア エッセンシャル ピンク SC1984/70

脱毛ラボ・ホームエディション(家庭用光エステ脱毛器)

 

脱毛ラボってこんなところ

↓↓↓↓

※キャンペーン

脱毛ラボ

全国60店舗 脱毛実績が40万人の

 

脱毛のプロフェッショナルが開発した光エステ脱毛器です。

 

こちらの強みは何といっても脱毛サロンと同じ、

 

1回の照射当たり12ジュール、

 

1平方センチメートルあたり2.9ジュールの、

 

業務用パワーが出せるところです。

 

後で冷却しなくても良いように、

 

冷却クーリング機能が本体にあります。

 

ですので、痛みを抑えることが出来ます。

 

また連射モードもついていますので、

 

全身約15分とスピーディーに終わります。

 

カートリッジの交換も不要で手間もかかりません。

 

小じわ、リフト、目のクマにエステ効果が同時に受けられます。

 

どのレベルでも30万発、全身約300回の長寿命で、

 

家族でシェアして使えますので、経済的です。

 

経済的といえば、脱毛サロンに通うより、

 

4分の1程度の費用で済みますので、

 

そういった面でもお得ですね。

 

クレジットカードで24回払いも用意されていますので、

 

利用されるととても購入しやすいと思います。

脱毛ラボホームエディション/新規顧客初回購入

脱毛ラボ・ホームエディション(家庭用光エステ脱毛器)業務用パワーが出せる

家庭用光エステ脱毛器ケノン アローエイト株式会社の製品

家庭用光エステ脱毛器ケノン アローエイト株式会社の製品

聞きなれないメーカーですが、

 

業界では売れ行きはすごいらしいです。

 

って、家も旧型を使っていたのですが、

 

新型が出たという事で紹介します。

 

この製品の特長は何といっても300万発の長寿命。

 

これは上記の脱毛器と比べれば一目瞭然ですよね。

 

次にランプの交換で家族とシェアできる。

 

また、美顔用のランプに交換で美顔器にもなります。

 

ですが、今までの説明ではケノンのどこが良いの?

 

って問いかけが多くあるんですよ…

 

それは簡単に言うと、

 

力が出せる(出力)が十分に出せる機械なのかという事です。

 

出力が十分に出せないと十分に毛が抜けません。

 

細い毛は抜けても剛毛は抜けないという状態が出てきます。

 

冒頭で安い家庭用光エステ脱毛器と、

 

高い値段と安価な値段の家庭用光エステ脱毛器はどこが違うのか?

 

説明いたします、と言いましたが、

 

ケノンで言いますと、

 

日本企業大手の日立グループや

 

パナソニックのコンデンサーが搭載されています。

 

ケノン専用に開発した特殊なトランスで、

 

コンデンサーに素早く、安全に、

 

確実に沢山の電気エネルギーを貯める。

 

それには、大容量コンデンサーを4個(普通は1個)搭載して、

 

一般的な家庭用光エステ脱毛器と比べ、

 

非常に大きな電気エネルギーを貯められるのです。

 

ここが安価な脱毛器との大きな違いになります。

 

この違いは効果を実感できるかできないか、

 

というような根本的な問題にもなります。

ケノンパールホワイト ケノンシャンパンゴールド
ケノンブラック ケノンシャインピンク

脱毛器ランキング2553日連続1位!真似できない実績「ケノン」

更新履歴
  • (2019/02/26)3を更新しました
  • (2019/02/26)2を更新しました
  • (2019/02/26)1を更新しました